日本外食新聞が本になりました

外食業界人に必要なニュースを
1冊にコレクション
『ニュースコレクション』


略して『ニューコレ』
ニュースを読書するとは?
何だっけ それもう一度読みたい!!
読んだその時はフムフムとためになる記事も1カ月もすれば忘却のかなたへ。それが読み捨てていく新聞というもの。だからといって、気になった記事を切り取ってとっておくのも面倒。でも、残しておきたい記事もありませんか?
読み返しやすいから読み深められる!
カバンに入るB5変形のバッグインサイズだから、いつでもどこでも、読書感覚でさっと読めるのが特徴。雑誌のようで雑誌じゃない、書籍のようで書籍でもない。オールカラーで写真や図もあるので読みやすさは抜群。まさにニュースを読書するために作られた本なのです!


「本家」が作った完全保存版のスクラップブック!!「ニュースコレクション」でも売り切れ御免。だから急いで!
ニュースコレクション外食新聞
知らない人にとって、それは立派なニュースです!ニューコレは腐りづらいネタを中心に、本家本元が作ったスクラップブックです!永久保存版ですが、売り切れ御免なのでお買い損じのないように…。

2018年のトレンドはこう動く!キーワードはこれだ!!
2018年のトレンドは果たしてどう動くのか。

■ 今年のトレンドキーワード ■

大手参入で増殖に拍車
「大衆酒場」に淘汰も!?
ワンカルビ東京上陸で
郊外の焼肉戦争勃発!?
レモンサワー熱冷める
お茶割や乙ボール脚光
「タップ・マルシェ」の
全国展開でCB拡散か
アサヒとサッポロ共に
「ビール強化」を掲げる
18年のビールトレンド
おいしい「泡」提供店か


ニューコレポイント1 人
外食業界の“顔”をコレクション!
日本外食新聞の顔ともいえる花形コーナーの「外食産業を動かす人々」。新進気鋭の外食企業経営者にフォーカスした人気のコーナーに登場した33名のインタビューとともに、企業情報などを加えて再編集。2017年の日本外食新聞の表紙を飾った、個性溢れる33名の外食経営者の経営哲学を一挙掲載しました。
ニューコレポイント2 事
人気の高かった記事をコレクション!
日本外食新聞のトップ(2・3面)を飾った数々の記事の中から、読者からの反響の大きかった人気の記事を中心に、編集部が厳選した10本を取り置き記事としてクリッピングしました。名付けて「NEWS CLIP 2017」。まさに飲食店にとって気づきや学びのある保存版の記事です。以前読んだ方も、初めて読む方も、ぜひ、お楽しみください。
ニューコレポイント3 知識
専門記者書き下ろし!
インヅカが17年に最も衝撃を受けたお店大賞
インヅカが17年に最も衝撃を受けたお店大賞日本外食新聞で連載中のフリーライター・印束義則氏が、昨年までFacebook上で店名のみを発表していた、 最も衝撃を受けたお店大賞「ショッキングショップ・オブ・ザ・イヤー byインヅカ」を、ニュースコレクション用に再取材して書き下ろした特別版がこの記事。繁盛店のノウハウが詰まったニュースコレクションだけのコンテンツ。
「外食IT、はじまる。」3月1日からスタート
「外食IT、はじまる。」は3月1日からスタートした、外食産業新聞社が提供する「外食IT」紹介・検証サイトです。これまで大手企業でないと難しかったITによる店舗の運営効率向上、付加価値向上が、1店舗だけの個店や中小・中堅チェーン店にも身近なものになりました。このサイトでは、「外食IT」のアプリ&サービスの実力を事例をまじえて紹介、検証することを通じて、有益な情報提供を目指します。QRコードを使って、「日本外食新聞」とも連携しますので、どんどんアクセスして有益な外食IT情報をゲットして下さい。


外食産業を動かす人々
テムジン 代表取締役社長 康 虎哲氏
GOOD FIELD 代表取締役 芳野裕士氏
R.O.T CORPORATION 取締役COO 山﨑将志氏
ナリッシュ・カンパニー 代表取締役社長 佐々木俊明氏
ガイアエグザクション 代表 富岡英雄氏
クリエイティブプレイス 代表取締役社長 中村雄斗氏
Katete 代表取締役社長 柴田修平氏
ロイヤルストレートフラッシュ 代表取締役社長 類家令奈氏
PJ Partners 代表取締役社長 南山太志氏
浪漫家グループ 代表取締役 福井将一氏
馬力 代表取締役CEO 小泉直樹氏
平沼田中屋 取締役会長 鈴木俊弘氏
そら 代表取締役 都築学氏
ジリオン 代表取締役 吉田裕司氏
H&N 代表取締役 浜本洋行氏/代表取締役 中西章氏
アールイーエヌ・コンセプト 代表取締役 松畑光彦氏
和僑ホールディングス 会長 髙取宗茂氏
ガリバー企画 代表取締役社長 松崎吉紀氏
Be DREAMERs 代表取締役 高瀬久夫氏
エブリシング 代表取締役 平重敦嗣氏
フードエイド 代表取締役 俵幸嗣氏
イートファクトリー 代表取締役 山口功氏
GLUTTON 代表取締役社長 徳永孝進氏
モンテステリース 代表取締役 星山真也氏
フードイズム 代表取締役 跡部美樹雄氏
WORLD ONE 代表取締役 河野圭一氏
輪っしょい 代表取締役 南風見一樹氏
anocado restaurante+ オーナーシェフ 川口勇樹氏
元気ファクトリー 代表取締役 今吉純一氏
てんてん 代表取締役 中島一薫氏
クラマ計画 代表取締役 佐竹伸彦氏
A-CAST 代表取締役社長 小林晃氏
居酒屋甲子園 6代目理事長 細川雄也氏

ニュースクリップ

  • 人手不足時代のバイトを即戦力にする試み
    ナデシコ(滋賀)流の人材開発術
    バイトがやる気になる仕組みとは?
    自分の意見言える土壌づくりを―一人ひとりを中心に据え実行へ
  • ついに焼肉業態に参入!!
    スパイスワークスが生み出した新発想
    《 焼肉寿司》とは何か
  • 100年起業目指す「ねぎしフードサービス」の試み
    組織の永続性を実現する理念共有と人財教育PDCAとは?
    「商品」と「人」を磨き続ける―仕事通じ共に育つ仕組みを
  • センベロ立ち呑み酒場《晩杯屋》
    強烈なコスパを支える事業モデルとは?
    あくまでトレンドは追わず―「大衆酒場」の基本に徹する
  • 和僑HDが世に問う和食の新たなカタチ
    食の再構築へ―《不二楼》大いなる挑戦の全容
    ビル1棟で「にっぽんを食す」―新たな「熟成鮨」の価値提案
  • 生産者からも応援されるフードエイド
    肉の小売店を併設した焼肉店の新モデルとは?
    「スーパーのわがまま」逆手に―外食の役割は産地助けること
  • 働き方の新たなカタチを提案する《アクア》(兵庫・西宮)
    果たして「週休3日制」は飲食業界を救うのか
    ダブルワークの選択肢生まれる―ゆとり組と稼ぎ組の共存も可能
  • 《旬熟成》のフードイズム×明治大学
    画期的な「エイジングシート」開発
    「熟成肉」は一気に普及するのか
    産学連携で4年間の研究が実る―コストや期間などネガ要素払拭
  • 神戸「ワールド・ワン」が構築を急ぐ
    元祖・ご当地酒場が取り組む
    「6次産業プラットホーム」とは何か
    「地方の未来創る」商品開発を―産地と共に店舗やEC出口に
  • 大繁盛店のキーワードは「ハイブリッド」だった!!
    《焼肉ホルモン 龍の巣》
    大繁盛経営のヒミツを探る!!
    席効率を最大限に引き上げる―低単価OK「空席」何も生まず



統計でみる三大都市圏
保存版!日本外食新聞年鑑2017 統計でみる三大都市圏 ニューコレ!外食ランキング都市圏(首都圏・東海圏・関西圏)では一体どんな業態が、どんな性別・年代にウケているのか。そんな見方で大きなトレンドの流れをキャッチする統計が「統計でみる三大都市圏首都圏・東海圏・関西圏業態別外食利用データ」。そして、次なる統計は外食・中食が伸びているタウンはどこだろうか、という数字。これも、街の変化を如実に表しているだけに興味深い。最後は街ランキング。まさにどんな年代のどんな人々が外食をし、伸びているのか。これも自店と当てはめてみると興味深い統計です。

特集1 2017年、“気づきライター”インヅカはこの店に最も衝撃を受けた!!
日本外食新聞で連載中のフリーライター・印束義則氏が、昨年までFacebook上で店名のみを発表していた、最も衝撃を受けたお店大賞「ショッキングショップ・オブ・ザ・イヤー byインヅカ」を、ニュースコレクション用に再取材して書き下ろした特別版がこの記事。繁盛店のノウハウが詰まったニュースコレクションだけのコンテンツ。
特集1 2017年、“気づきライター”インヅカはこの店に最も衝撃を受けた!!
特集2 “「外食IT、はじまる。」3月1日からスタート
「外食IT、はじまる。」は3月1日からスタートした、外食産業新聞社が提供する「外食IT」紹介・検証サイトです。これまで大手企業でないと難しかったITによる店舗の運営効率向上、付加価値向上が、1店舗だけの個店や中小・中堅チェーン店にも身近なものになりました。このサイトでは、「外食IT」のアプリ&サービスの実力を事例をまじえて紹介、検証することを通じて、有益な情報提供を目指します。QRコードを使って、「日本外食新聞」とも連携しますので、どんどんアクセスして有益な外食IT情報をゲットして下さい。
読めば必ずタメになる!外食業界ならではの疑問や悩みもニューコレでスッキリ!


「ニュースコレクション」ニューコレの注文方法

ぜひ感想をお送り下さい
『ニューコレ』をお読みになった感想をぜひ外食産業新聞社へお寄せください!
こちらのお問い合わせフォームよりメールでお送りいただくかTwitterやFacebookで「#ニューコレ」とハッシュタグを付けてお書きください。
感想メッセージは「外食新聞」内等で紹介することがあります。

『ニュースコレクション 2017』 発行:外食産業新聞社 発売:3月28日発売 価格:2300円(消費税・配送手数料別)
『日本外食新聞年鑑ニュースコレクション〈2017〉
外食産業を動かす人々』

発行:外食産業新聞社
発売:2018年3月28日発売
価格:2300円(消費税込2484円)
オールカラー 160ページ 送料無料!(当社が負担)

ニュースコレクション 日本外食新聞年鑑2017 Amazonランキング1位
バックナンバー
『ニュースコレクション 2016』 発行:外食産業新聞社 発売:3月28日発売 価格:1800円(消費税・配送手数料別)
Amazonランキング外食産業部門1位!皆様のおかげで、今年もランキング1位になりました!
『日本外食新聞年鑑ニュースコレクション〈2016〉
外食産業を動かす人々』

発行:株式会社外食産業新聞社
発売:2017年3月28日発売
価格:1800円(消費税込1944円)
オールカラー 160ページ 送料無料!(当社が負担)
>> ニューコレ2016の詳細はこちら!


ニュースコレクション第一弾!
amazonランキング外食産業部門1位! 話題騒然だったニューコレ第一弾!
『ニュースコレクション―日本外食新聞年鑑〈2015〉
外食産業を動かす人々 』

価格:1500円(消費税込1620円)
オールカラー 140ページ 送料無料!(当社が負担)
>> ニューコレ2015の詳細はこちら!

ここまでお読みいただき、有難うございます。

 「あの記事が載っているバックナンバーを買えませんか」。そんな読者からの声がキッカケで生まれた「日本外食新聞年鑑 ニュースコレクション」。つまり、読んだけどもう一度読みたい、そしてまだ読んていない人へ――そんな「ニュース」もあることを、読者の方々から教えていただいたのです。
 もちろん、ニュースは時間が経ってしまえば価値のなくなるものが大半です。でも、ある程度時間が経ってしまったものでも、価値のあるニュースって何だろうか。再編集するに当たって、それがテーマになりました。もう一度、じっくりと読み返してもらうニュースがあってもいい。だから、「ニュースを取り置き、ニュースを読書する」がこの本のコンセプトなのです。年に一度の発刊です。
 2017年の「日本外食新聞」をギュッと凝縮したこのムックを、「ニューコレ」の愛称で末永くご愛読いただけたら幸いです。あなたの本棚に毎年1冊ずつ増えていくことを切に願っております。飲食店やメーカー・卸の業務用担当スタッフ様の教育ツールの一つとしてもご活用ください。

編集発行人 川端隆

福バタのWEBニューコレ
ニューコレを編集するにあたり、どうしても入れたい!
でもページの都合で入れられない!
福バタが涙を飲んで没にしたネタがいくつもあります。
その中でも特に反響の多かった、おすすめの記事をWEB限定で無料公開。
ぜひ、ニュースコレクション番外編としてお楽しみください。

≪ジル≫≪酒場シナトラ≫を支える組織の取り組み 強さの秘密はどこにあるのか

UP